きしだ歯科クリニックの矯正歯科

歯並びが乱れていると、見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病にかかるリスクも高くなります。咬み合わせが悪いと、頭痛や肩こりなど全身にまで影響を及ぼすことがあります。歯並びや咬み合わせの乱れを改善するのが、矯正歯科の役割です。

ひと昔前は、「矯正治療は子どものうちに受けるもの」と言われていましたが、今では幅広い年代の方に取り組まれるようになりました。また、「装置が目立つのが嫌だ」という方も安心の「目立たない・見えない」装置も一般的になっています。

江東区・清澄白河のきしだ歯科クリニックの矯正歯科は、お子様から大人の方まで、幅広い年代の患者様が受診しています。全部矯正だけでなく、前歯だけなど部分的な矯正治療にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

矯正治療のメリット

歯並びがきれいになり、口元の印象がよくなる(見た目のコンプレックスを解消できる)。

歯並びが整うことでブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病になりにくくなる。

しっかり咀嚼できるようになり、胃腸への負担を軽減できる。

顎や周辺筋肉にかかる力のバランスがよくなり、頭痛・肩こりなどの軽減につながる。

息漏れが解消され、発音しやすくなる。

Pick Up 当院の矯正治療

  • 咬み合わせを改善できるよう、できるだけ非抜歯で矯正治療を行っています(抜歯をしたほうがいいケースは抜歯を選択します)。
  • 当院のブラケットは一、審美性を重視して、前歯の部分にはプラスチックのクリアなブラケットを用いています(見えにくい奥歯にはメタルブラケットを装着)。
  • 当院では、症例に応じてMFTを行っています。MFTとは口腔筋機能療法のことで、不正咬合の原因になっている舌癖や、口が閉じにくいなどの口腔習癖の改善などを目的とした治療です。

Pick Up 患者様へのメッセージ

当院では、小児から成人まで、矯正専門医が月に1回治療を行っています。一般的な矯正治療のほか、ワイヤーブラケットを使わずにマウスピースを使って矯正する「インビザライン」での治療も可能。できるだけ患者様がお望みの矯正法で、しっかりと効果が得られるように努めています。治療法や費用などのご相談は無料にて承っておりますので、歯並びでお悩みの方、お子様の歯並びが心配な方は、どうぞお気軽にご相談ください。

矯正専門医のご紹介

江東区・清澄白河のきしだ歯科クリニックでは、外国出身の患者様にも快適に矯正治療を受けていただけるよう、外国語での診療にも対応しています。英語と中国語、インドネシア語を話せる歯科医師が矯正治療を担当していますので、「英語のほうが症状を伝えやすい」「外国人を安心して紹介できる歯科医院を探している」という方は、お気軽ご相談・ご来院ください。

ウィラハディ クスマ シンタ

略歴

2005年
東京医科歯科大学歯学部卒業
2008年
きしだ歯科クリニック 勤務
2009年
東京医科歯科大学大学院 顎顔面矯正学分野 大学院博士課程 修了

矯正治療が必要な歯並び

過蓋咬合(かがうこうごう) 開咬(かいこう)
過蓋咬合(かがうこうごう) 開咬(かいこう)
上下の歯の咬み合わせが深く、下の前歯が上の前歯に隠れて見えなくなっている状態。 奥歯を咬んで口を閉じても前歯が空いてしまい、上下の前歯が咬み合っていない状態。
受け口 叢生(そうせい)
受け口 叢生(そうせい)
下の歯が上の歯よりも前に出ている状態。下顎が前に出ている場合と、上顎が後ろに引っ込んでいる場合があります。 顎の大きさに歯の大きさが合わず、歯の生える場所がなくなってでこぼこに生えている状態。
出っ歯 上下顎前突(じょうががくぜんとつ)
出っ歯 上下顎前突(じょうががくぜんとつ)
上の前歯が大きく前に出ていたり、上の歯並び全体が前に出ていたりする状態。 上下の歯および歯並びが前に出ていて、唇が閉じにくい状態。

取り扱い矯正装置

メタルブラケット

金属のブラケットでできた一般的な矯正装置。歯の表面にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ移動させます。

メリット

  • 様々な症例に対応できる

デメリット

  • 矯正装置が目立つ
  • 金属アレルギーのリスクがある

【当院の取り組み】
当院のブラケットは、審美性を重視して、前歯の部分にはプラスチックのクリアなブラケットを用いています(見えにくい奥歯にはメタルブラケットを装着)。また、金属アレルギーの方のために、特別なブラケット(前歯はプラスチックブラケット、奥歯はチタンブラケット)を採用しています。

クリアブラケット

透明感のある素材のブラケットでできた矯正装置。目立ちにくいため、矯正中の見た目が気になる方におすすめです。

メリット

  • 様々な症例に対応できる
  • 矯正装置が目立たない

デメリット

床矯正(拡大装置)

顎に歯が並ぶスペースを確保するお子様向けの矯正法です。取り外し可能な装置を装着し、顎の成長を利用しながら顎を広げていきます。

メリット

  • 装置が目立たない
  • 装置を取り外しできる
  • 虫歯になりにくい
  • 治療費が比較的安い

デメリット

  • 発音しづらいことがある
マウスピース矯正(インビザライン/アソアライナー)

マウスピースタイプの矯正装置です。透明なため目立たず、治療をしていることに気づかれにくいのが特徴。一定の期間ごとにマウスピースを交換することで歯を動かしていきます。

メリット

  • 透明で目立ちにくい
  • 食事やブラッシング、お手入れの際に取り外すことができる
  • 装着時の不快感が少ない

デメリット

  • 歯並び・咬み合わせの状態によっては、適用できないことがある
  • 毎日20時間以上、装着する必要がある

矯正治療の料金表

※価格はすべて税抜き表記です。

内容 価格
相談料 無料
検査・診断料 ¥20,000
1期治療(小児矯正)基本料金 ¥250,000
2期治療(成人矯正)基本料金 ¥600,000
部分矯正 基本料金 ¥40,000~
(ケースによって変動します)
調節料 ¥5,000
保定装置料 ¥20,000
観察料 ¥3,000

Pick Up 患者様へのメッセージ

当院では、できるだけ患者様が望んでいる矯正法で、しっかりと効果が得られる治療に努めています。歯並びでお悩みの方、お子様の歯並びが心配な方は、どうぞお気軽にご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る